日本の警報システム Jアラートについて

Poste date: 2018年2月28日

日本は環太平洋火山帯に位置しており、大規模な地震や火山の噴火はいつ起きても不思議ではありません。 また、近隣には頻繁に弾道ミサイルの発射実験を行っている国もあり、日本にもミサイルが落下する危険性があります。

日本に住む外国人の方々も万が一の災害や有事に備え、Jアラートシステムについて理解しておくことをお薦めさせていただきます。


Jアラートとは、「全国瞬時警報システム」の事で、国が緊急情報を日本国民に伝えるためのシステムの事をいいます。

気象庁が発信する情報には、地震、津波、火山、などがあります。
内閣官房が発信する情報には、弾道ミサイル、航空攻撃、ゲリラ、大規模テロなどがあります。

これらの警報・注意報は、屋外スピーカーや携帯電話の緊急速報メールにて発信されます。

万が一、Jアラートにより弾道ミサイル発射に関する警報を聞き、近くに落下する可能性がある場合には、できるだけ頑丈な建物や地下に避難するようにしましょう。

J-ALERT警報音 デモ: https://www.youtube.com/watch?v=IrUSuQiWB-0

日本のスマートフォンには、「エリアメール」や「緊急速報メール」が予めインストールされており、Jアラートを受信できるようになっています。
海外の端末やMVNO、SIMロックフリーのスマートフォンは対応が不十分の場合があります。
そのような場合は、Yahoo!の防災速報をインストールすれば、Jアラートが受信できるようになります。