インターナショナルスクール一覧

東京・横浜エリアの外国人向 プリスクール、幼稚園、小・中・高校

東京・横浜エリア所在のインターナショナルスクール、プリスクール(幼稚園・保育園)の情報を掲載。

英語教育を主とする外国人のための幼稚園・保育園・小中高等学校のほか、アメリカンスクール、ブリティッシュスクール、ジャーマンスクール、フレンチスクール等、各国のカリキュラムや言語を取り入れた学校情報も常時更新しています。

入学希望者の申込が重なる時期があるため、日本への赴任が決まったらできるだけ早くお子様の学校を決定し、早めに申込み手続きを行うことをおすすめします。

なお、『公立学校、私立学校、インターナショナルスクールの違い』、『外国人から見た日本の公立学校の特徴』、『東京にあるイスラム国際学校​』は各ページをご参照ください。

インターナショナルスクールとは 

日本のインターナショナルスクールの多くは英語を主要言語とする教育機関。学期や学年は日本のシステムと異なることが多く、すべてのインターナショナルスクールは私立のために費用も公立学校とは大幅に異なります。日本に住む外国人の子供も公立学校への入学が許可されていますが、日本語を話せない子供にとっては最初は大きなチャレンジとなるでしょう。東京の公立学校では外国人の子供向けに日本語と英語の支援を行なっているところもあります。

幼稚園、小学校のカリキュラム

 

一般的に、インターナショナルスクールには2つのタイプのカリキュラムがあります。1つめは、そのスクールが属する国のカリキュラムに基づいたもの。日本に短期間住んだ後に母国に帰国する子にとって最適です。2つめは、モンテッソーリやシュタイナー教育のように柔軟なカリキュラムに基づいたもので、特に就学前の子に人気です。

インターナショナル幼稚園は日本人にも人気で、子供が公立の小学校に入学する前に英語教育のために通わせていることが多いため、インターナショナルスクールは、小中学校よりも幼稚園の数の方が圧倒的に多いのです。

中等学校のカリキュラム

 

中等学校でのカリキュラムでもっとも多いのが、国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)です。

IBDPは世界共通のため、世界中の生徒と同じレベルでの教育を受けることができます。日本に限らず海外にでてからも、同じIBDPのカリキュラムを取り入れている学校に転入しやすくなります。また、世界の主要な大学で受け入れられており、カレッジの単位と同等のものとみなすところもあります。

学費

インターナショナルスクールの授業料は、年間で数百万円になります。最近のインターナショナルスクールの平均費用は、Pre Kで年間約200万円で、子供の年齢に応じて加算されていきます。たとえば、東京で最も人気のあるインターナショナルスクールの1つであるアメリカンスクールの年間授業料は、約2,987,000円(約27,000米ドル)です。多くの場合、入学金やその他費用が加算され、各学校により費用は変わります。

 

インターナショナルスクールの選び方

教育理念や通いやすさの他、雰囲気や子供がその学校を気に入るかどうかも重要な要素です。オープンキャンパスや学校見学を実施しているスクールも多いので、気になる学校をいくつか事前に見学することをおすすめします。

通学に適していますか?

学校は毎日通うところ。通学にかかる時間、一人で電車で通うのか、スクールバスを使うのか、それとも親が送り迎えをするのかなど、様々な点を考慮しましょう。

その学校は認定校ですか?

その学校が認定校である場合、証明書は目立つところに記載、もしくは貼られています。たとえば、Japan Council of International Schoolsのようなところがあります。

お子様はどんなことを学びたいのでしょう?

子供が学びたいこと、得意としていること、情熱を持って入ることなどをのばせる学校かどうかもスクール選びの基準とするとよいでしょう。毎日の授業だけではなく、課外活動や季節の行事、子供がのびのびと学習できる環境かどうかなど、いちど希望を全てリストアップしておくと、学校を選ぶ際の基準が分かりやすくなります。

人気のインターナショナルスクールは新しい児童・生徒を受け入れられないほど埋まってしまっている場合もありますので、希望のリストアップが完成したら早めに学校に連絡を取り、見学に行くことをおすすめします。

 

港区 (32)

外国人エキスパットが多く居住する港区には、数多くのインターナショナルスクール、プリスクール があります。六本木・元麻布エリアには、American School Early Learning Center や 西町インターナショナルスクール、南麻布には東京インターナショナルスクールがあります。 

渋谷区 (15)

渋谷区内には、表参道から近いところにブリティッシュスクールの渋谷キャンパス(3-8歳)、広尾に聖心インターナショナルスクール(International School of the Sacred Heart)、代々木に代々木インターナショナルスクールがあります。イスラムの学校YUAI International Islamic Schoolもあり、ムスリムのためのイスラム教の価値観と英語の教育を提供しています。そのほか渋谷区には多くの小学校・幼稚園が存在します。 

千代田区 (2)

千代田区内には、フランス語保育のサクラの国(Au Pays des Sakuras)、Chiyoda International school があります。 

品川区 (3)

品川区内には、KAISインターナショナルスクール、東京チルドレンズガーデン、品川インターナショナルスクールがあります。 

中央区 (2)

中央区内には、日本橋・築地に2校のプリスクールがあります。 

目黒区 (3)

目黒区内には、青葉台にアオバ・ジャパンインターナショナルスクールの幼稚園(目黒キャンパス)、自由が丘にグレッグインターナショナルスクール、武蔵小山にインターナショナルセカンダリースクルがあります。 

世田谷区(14)

世田谷区内には多数の学校があります。三軒茶屋駅に近いところにブリティッシュスクールの小・中・高校(昭和キャンパス)があり、瀬田には男子校のセント・メリーズ・インターナショナルスクール、用賀には女子高の清泉インターナショナルスクールがあります。セント・メリーズ、清泉インターナショナルスクールまではスクールバスが運行しており都心からも通学できます。その他、多数の幼稚園・プリスクールがあります。 

新宿区 (2)

新宿区内には、高田馬場に東京早稲田インターナショナルスクール(小・中・高校)、飯田橋にテゾーロインターナショナルスクール(2-6歳)があります。 

豊島区 (3)

豊島区内には、南池袋にプリスクールから高校までのニューインターナショナルスクールがあります。 

北区 (2)

北区には、滝野川にフランス人学校(幼稚園から高校まで)があります。都心からスクールバスが出ています。 

江戸川区 (3)

江戸川区にはインド系のファミリーが多く居住しており、西葛西・東葛西にはインド式教育を行うグローバル・インディアン・インターナショナルスクールがあります。 

江東区 (2)

江東区には、清澄白川に K. インターナショナルスクール東京、東陽町に東京YMCAインターナショナルスクールがあります。 

板橋区 (2)

板橋区には、成増にニューホープ インターナショナル プリスクール、向原に保育園から中学校までのCamelot International School があります。 

練馬区 (1)

練馬区には、小学校から高校までの、アオバ・ジャパンインターナショナルスクールの光が丘キャンパスがあります。 

調布市 (1)

調布市には、アメリカンスクールの幼稚園・小学校・中学校・高校があります。アメリカンスクールまでは、都心からスクールバスが運行しております。 

その他のエリア(東京) (8)

大田区に保育園・幼稚園が1校、杉並区に保育園・幼稚園が1校、葛飾区にあるイスラムの環境と価値観を備えたTokyo Iqra international schoolは幼稚園から小学校5年生まで、武蔵野市に幼稚園から高校までのAxis International School、東久留米市に幼稚園から高校までのクリスチャン・アカデミー、町田市に保育園・幼稚園が1校あります。 

横浜市 (10)

横浜市には山手にドイツ語教育のジャーマンスクール (東京横浜独逸学園)があります。ジャーマンスクールには、東京都心からスクールバスが運行しています。 その他、サンモールインターナショナルスクール、ホライゾン・ジャパン・インターナショナルスクール、横浜クリスチャンスクール、横浜山手中華学校(中国本土)、横浜中華学院(台湾)、複数のプリスクール・幼稚園があります。