代々木公園 公園の概要と戦前、戦後の歴史

Poste date: 2018年2月21日

代々木公園は都心にありながら広大な緑地を有し、都会のオアシスとして東京都民の憩いの場となっています。

敷地は23区内4番目の広さですが、東京ドーム11個分におよぶ都心で一番広い空が見られる広大な都市公園です。 また隣接する明治神宮を共に、広い森林区画を形成しております。

公園を横切る道路を挟んで園内は中央広場や噴水がある北側のA地区とスポーツ施設やイベントホールがあるB地区に分かれます。

  
A地区とB地区中間の道

 
明治神宮入口


A地区には開放的な芝生が広がり水景施設や水回廊がある中央広場を中心に、野鳥の観察ができるバードサンクチュアリ、犬を放し飼いできるドッグラン、サイクリングコースなどがあり、森林公園として整備された広大な空間の広がりに、自然とふれ合いながらの散歩が楽しめます。 

 

B地区には陸上競技場やサッカー場、野外ステージ、イベント広場などがあり、スポーツやイベント活動が盛んに行われております。イベント広場横のケヤキ並木は絶好の散歩コースです。  

 
国立競技場


アクセスはJR原宿駅、地下鉄千代田線、副都心線の明治神宮前駅よりそれぞれ徒歩3分。

小田急線代々木八幡駅、千代田線代々木公園駅よりそれぞれ徒歩6分です。 若者文化やファッションでにぎわう原宿の喧騒をはなれて、広大な敷地に一歩足を踏み入れると、歴史のながれと自然があふれる異空間が広がり、都内にいることを忘れます。 

 
千代田線代々木公園駅 

  

代々木公園 戦前、戦後の歴史


代々木公園の所在地は、明治42年から太平洋戦争終結までは陸軍の連兵所であり、明治43年には日本で始めて飛行機が飛んだ場所です。

日本航空発始之地記念碑や飛行機の購入組み立て操縦などに関わった日野熊蔵工兵大尉、徳川好敏歩兵大尉の記念碑が園内で見られます。 

 
日本初飛行の地                            日本航空発祥の地                        日野熊蔵、徳川好敏の記念碑

 

戦後は米軍住宅地(ワシントンハイツ)として利用され、東京オリンピックで一部を選手村として使用された後に(オランダ選手宿舎がオリンピック記念として保存さえ残されております)、再整備されて園内が約1/3樹木に覆われた東京で初めての森林公園として1967年10月に代々木公園が開園されました(全園開園は1971年4月)。 

 
代々木公園内のワシントンハイツ 

 

  • 麻布十番商店街 - 麻布十番の歴史、人気のお店等

    下町情緒溢れる麻布十番は、古くから門前町として栄え、今では300あまりの店舗が並ぶ人気の商店街として栄えています。 昔から続く老舗から外国人にも人気のお洒落なレストランやバーまで、様々な店舗が混在しています。
  • 広尾の歴史、外国人向エリア情報

    何故広尾には外国人が多く居住し、大使館が多いのか? 歴史的背景と広尾に所在する外国人関連施設(レストラン、学校、病院等)等をご紹介しております。
  • 有栖川公園 (正式名称:有栖川宮記念公園)

    都会のオアシスとして親しまれている有栖川公園。季節ごとの美しい写真とともに、有栖川公園に隣接した高級マンションをご紹介しております。