千代田区に住む - 外国人向エリアガイド

千代田区の概要


皇居、国会議事堂、首相官邸、最高裁判所等、日本の中枢機能が所在し、官公庁や大手企業の本社が集中しています。 昼と夜の人口が全く異なる地区です。

東京駅を玄関とする丸の内や隣接する大手町、日比谷には大手企業の本社機能が所在し、ビジネスの中心地となっております。オフィスビルの再開発も進み、地域の利便性が高まっております。

皇居や国会議事堂に隣接する紀尾井町、永田町のエリアは緑多く開放的なエリアで、議員事務所や法律事務所などの中規模ビルが立ち並ぶエリア。

番町・麹町・九段・市ヶ谷のエリアは江戸時代にはお屋敷が立ち並ぶ邸宅街で、今もその面影を残す高級住宅地であり大使館も多く所在します。

区内にはそのほか、商業地として発展し国内外の観光客で賑わう秋葉原エリアや日本橋に隣接し中規模ビルが立ち並ぶ神田エリアがあります。

千代田区 外国人向け生活情報


千代田区に住むことが決まったら、住み始めてから14日以内に千代田役所で の住民登録が必要になります。

千代田区では定期的に英語版のニュースレターを発行し、区内の生活情報や見所を紹介しています。

千代田区は、東京都の調査により、震災時に大規模な延焼火災の危険性が比較的少ないと認められました。そのため、区内全域が広域的な避難を要しない「地区内残留地区」と指定されています。 自宅で危険を感じたときには、最寄りの避難所へ避難して下さい。

ゴミの出し方は地域によって若干異なります。千代田区のゴミの出し方はこちらです。

千代田区 外国人居住エリア