目黒区に住む - 外国人向 エリアガイド

目黒区の概要


住環境が整っており、都心に近い住宅地として発展。自由が丘や中目黒をはじめ、お洒落なショッピングタウン もあります。大学等の文京施設も多い。

北部に駒場、大橋の文京エリアに青葉台の高級住宅街、東部に中目黒、祐天寺などの住宅地、商業地、中央部に碑文谷、 鷹番などの由緒ある住宅地、西部に八雲、柿の木坂などの住宅街、南部に自由が丘、緑ヶ丘、大岡山などの住宅地・商業地・文京地区があります。

いずれのエリアもそれぞれ、渋谷区、世田谷区、品川区、大田区のハイクラスな住宅エリアと隣接しながら発展した住環境が成熟しており、 東急東横線や大井町線を軸にした沿線や駅周辺の商業エリアなどの生活利便性も高いです。北部から中央部にかけて各国大使館も点在します。

目黒区 外国人向け生活情報


目黒区に住むことが決まったら、住み始めてから14日以内に目黒区役所で の住民登録が必要になります。

災害が起きた場合の目黒区の防災マップを読んでおきましょう。

ゴミの出し方は地域によって若干異なります。目黒区のゴミの出し方はこちらです。

目黒区国際交流協会 (MIFA) では、日本文化体験イベントや日本語教室等を通じて国際交流の場を提供しています。

目黒区 外国人居住エリア