法律関係

不動産の登記、会社設立、相続、民事調停などを扱う法律の専門家(司法書士、行政書士、弁護士)について解説しております。

相続放棄とは? 期限や手続き方法について

亡くなった方から財産を受け継ぐ 『相続』 ですが、日本の相続の対応方法には、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類があります。ここでは相続放棄について解説させていただきます。   単純承認:被相続人の権利や義務を全て相続する。プラスの財産と借金等のマイナスの財産も全て受け継ぐ。 限定承認:プラスの財産の範囲内で借金などの債務の弁済義務を負う。全体がプ…

続きを読む

不動産登記法改正 ― 土地の相続登記・住所変更登記が義務化へ

土地の相続登記・住所変更登記が義務化されることになりました(2024年度を目途に施行予定)。 正当な理由がなく義務を怠ると過料が課されることになります。 所有者が分かっていても転居してしまった為連絡先が分からなかったり、土地の名義人が亡くなった後にも登記が行われなかった為相続人が多数になり、全ての人に連絡する事が困難になってしまった土地、いわゆる「所有…

続きを読む

司法書士の仕事

不動産売買の取引では、法律のプロとして登記の申請を行う司法書士ですが、その仕事は多岐に渡ります。司法書士は、私たちの日常生活と密接に関わり、人々の財産と権利を守り身近なトラブル等を法的に解決する役割を担っています。 日本の不動産を取得する外国人の方々も、不動産登記の場面や所有権移転時、相続に関わった時など、司法書士と関わることがあります。 ここでは、日本…

続きを読む

外国人の相続対策、日本で遺言を作成する6つのメリット

昨今、外国人の方で、日本に不動産を所有される方が増えています。日本人の配偶者がいれば、配偶者の方が相続制度について説明をしてくれるかもしれませんが、居住用ではなく投資又はレジャー用で日本の不動産を購入される外国人の方々は、ご夫婦、お子様全員が日本人ではないというケースがほとんどで、日本の相続についての情報を得る場がないのが現状です。また、日本の法律家の多くが…

続きを読む