賃貸関連情報

日本でお部屋を借りる際に役立つ様々な情報をまとめて掲載しております。お部屋の選び方、賃貸借契約書の解説、住まう際の注意点等、特に日本で初めて生活を始める外国人の方必見のコンテンツをまとめております。

家賃補助:住居確保給付金とは

​離職またはやむを得ない休業等により経済的に困窮している人を対象として住宅費を支給する『住居確保給付金』は、新型コロナウイルス感染症により一部規定が緩和されました。休業等に伴う収入減少により、離職や廃業に至っていなくても、住居を失うおそれが生じている人に対しても一定期間家賃相当額が支給されるようになりました。​ >> 住宅確保給付金(Jap…

続きを読む

外国人が日本で家を借りるには?

外国人労働者の増加に伴い、東京や地方都市において外国人の住宅のニーズが高まっています。外国人が日本で賃貸物件を借りる場合、言葉や日本独特の商習慣、保証人の問題で難しい場面もあります。外国人の方には、予め下記の日本独特の賃貸の商習慣をご理解いただき、家探しをスタートさせる事をお薦めさせていただきます。 1. 英語対応 - 大都市と地方都市の違い 東京・…

続きを読む

印鑑種類、外国人の印鑑作成について

日本に長く住む外国人の方は、銀行口座を開いたり、電話や公共料金を申し込んだりなどの必要があります。これらの申し込み用紙には、欧米においてはサインをするかわりに、印鑑を押す場所があります。また家を買ったりして住宅ローンを組んだりなどの重要な契約書には実印といわれる役所に登録済みの印鑑が必要とされ、印鑑証明と呼ばれる登録証明書を実印が押印された契約書類に添付した…

続きを読む

民法改正 賃貸借契約の連帯保証人について

民法が120年ぶりに改正され、その一部が2020年4月1日より施行されます。今回の民法改定では、保証人の保護が強化されています。ここでは、改正点のうち、不動産取引、主に賃貸借契約における連帯保証人の保証債務や保証の範囲、情報提供義務に関連する項目についてご説明致します。 改正ポイントⅠ 連帯保証額(極度額)の設定 賃貸借契約を締結する際、連帯保証人を…

続きを読む

普通借家契約 VS 定期借家契約

物件を貸す・借りるときの建物賃貸借契約を締結するには「普通借家契約」と「定期借家契約」の2種類から選択できます。借地借家法では、中途解約や契約更新についてそれぞれ以下のように定められております。 この記事ではそれぞれの契約の相違点とメリット・デメリットについて説明します。     普通借家契約 従来からある更新可能な賃貸借契約です。 …

続きを読む

退去時の原状回復と費用負担について

家を借りる時の賃貸借契約では、退去時の原状回復について定められており、殆どの契約で『借主は物件を原状に復して明け渡すものとする。』と記載されております。 この原状回復の費用における貸主と借主の負担額について、トラブルが発生することがあります。国土交通省は、こうしたトラブルの未然防止のため、原状回復の費用負担のあり方についてガイドラインを出しており、一般的には…

続きを読む

東京の外国人駐在員向け賃貸物件 - 2020年の見通し

外国人エキスパットの来日と東京オリンピック 例年は、お子様のインターナショナルスクールの新学期(9月)からの新生活開始に向けて、6月~8月に来日して家探しを開始する外国人エキスパットの方が多くいらっしゃいますが、今年は夏に東京オリンピックの開催があるため、今年東京に来日を予定しているエキスパットの方は、時期をずらして家探しを開始する事をお薦めさせていた…

続きを読む

賃貸住宅の鍵の取り扱いについて

賃貸住宅の鍵を紛失した場合どうすればいいのか? ここでは、鍵を失くしてしまい探しても見つからない場合の対処方法、鍵を紛失した場合にかかる費用等についてご案内させていただきます。外国人向、英語の案内はこちら What to do in Japan if you lose your keys, and how much you might have to end…

続きを読む

家財保険・火災保険の説明、 外国人向 英語対応の保険会社(代理店)

住宅を借りる方と、住宅を所有している方、特に日本在住の外国人の方の住宅に関わる保険について、英語対応の保険会社(代理店)のご案内も含めて簡単にご説明させていただきます。 また、近年では地震の補償について心配される方も増えております。地震や津波、地震が原因の火災によって家財や家に被害があった場合においては、火災保険では補償されません。一般的な地震保険についても…

続きを読む

バスルームの数を明記した欧米式の間取り表記 - 2バスルーム等

弊社では欧米の間取り表記に習い、賃貸物件の間取り表記にバスルーム数を加えて表示しております。 欧米の3ベッドルーム以上の住宅では、バスルームが2つ以上ついている物件が一般的です。 ここで言うバスルームとは、お風呂(またはシャワー)と洗面台、トイレがセットになったものです。 日本ではユニットバス以外はバス・トイレが別になっていますが、欧米では3つが同じ空間に…

続きを読む
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2