災害対策

東京の災害対策や日本の耐震物件等、不動産購入時に災害のリスクを検討したい方に役に立つ記事です。

大雨・台風等の水害(水災)被害に備える保険

近年、日本各地で台風や局地的な大雨により大規模な水害が発生しています。数十年に一度のレベルに相当する大雨に毎年見舞われる中、河川の氾濫による洪水、土砂崩れ、道路・住宅の浸水など水害のリスクは避けられない状況になってきています。このような異常気象により住宅で水害被害が起こった時、住まいの保険でどこまで補償されるのでしょうか。この記事では、水害による建物や家…

続きを読む

外国人向けの災害対策情報 - NHKワールドの取材対応

先日の台風19号では、首都圏を含め、多くの地域で大きな被害が出ました。 ここ数年台風やゲリラ豪雨の被害が甚大なものになっており、日本在住の外国人の方も、日頃の備えや近隣の避難所、情報の入手方法等を事前に把握しておく事をお薦めさせていただきます。  この度、2019年10月18日のNHKワールドのニュース番組の取材にて、外国人向けの災害対策についての弊社のサ…

続きを読む

日本の建物の耐震性 世代別、構造種類(免震・制震)

日本では、過去に大きな地震が起こるたびに建築基準法が厳しく見直されてきました。 全ての建築物は耐震性が厳しく追及され、法律が定める耐震基準を厳格に守らなければ、認可が受けられない仕組みになっています。大きな地震に見舞われた際の日本の建物の倒壊率は、諸外国に比べ、極端に低いと言われております。 ここでは日本の建物の構造別の耐震性や、制震構造、免震構造、旧耐…

続きを読む

東京の洪水・水害ハザードマップと災害情報

日本は、世界でも雨が多い地域の1つであるモンスーンアジアの東端に位置し、年間平均降水量は1718 mmで、これは世界平均(880 mm)の約2倍です。 また、日本の降水量は季節によって大きく変動し、雨季と台風シーズンに集中しています。 たとえば、東京の月平均降雨量は9月が208.5 mmで最も雨の多い月であり、12月は39.6 mmで1年で最も雨が少な…

続きを読む