不動産に関する税金

不動産に関する税金についてご案内しております。不動産の購入時、保有時、売却時に発生する税金、所有不動産にかかる税金、不動産投資による賃料所得にかかる税金等、特に日本非居住の方向けにまとめております。

不動産の売却にかかる税金 - 譲渡所得

日本国内の不動産を売却した時にかかる税金についてご案内致します。不動産を売却して利益が出た場合、この利益のことを「譲渡所得」といい、所得税と住民税が課税されます。また、不動産を所有していた期間や不動産の用途によって税率が異なります。ここでは、不動産の売却にかかる譲渡所得税について、そのしくみや計算方法をご案内いたします。 譲渡所得にかかる税金 所有する土…

続きを読む

不動産の賃料収入にかかる所得税

不動産を賃貸することによって得られる賃料収入は所得税の課税対象になります。ここでは、不動産投資に影響する賃料収入にかかる税金についてご説明いたします。外国人投資家向に、非居住者が賃料収入を得た場合の所得税についても事例を挙げてご案内いたします。 所得税の計算方法 所得税はその年の1月1日から12月31日までの1年間の不動産所得、給与所得など全ての所得…

続きを読む

固定資産税 ・ 都市計画税の概要、外国人の納税についての納税について

物件を保有している際にかかる税金に、固定資産税と都市計画税があります。 個人、法人を問わず、毎年1月1日時点の不動産の所有者に課税されるもので、納税通知書が送付されます。それぞれどのような税金でどのくらいかかるのか概要を解説します。 また、ここでは外国人など、海外居住者の固定資産税、都市計画税の納税についてもご案内させていただきます。 固定資産税と…

続きを読む

外国人(非居住者)が日本国内の不動産を売却する場合の税金

非居住者または外国法人が日本国内に所有する不動産を売却する場合、所得税の申告漏れを防ぐために、その不動産を購入し代金を支払う者が、所得税の源泉徴収相当額を税務署に支払う義務があります。 つまり、日本に居住していない外国人(非居住者)が日本の不動産を売却する際、源泉徴収分があるため購入者から100%の売買代金を受け取ることができない場合があるので注意が必要で…

続きを読む

非居住者(海外居住者)の不動産賃貸料の源泉徴収税

2020年東京オリンピック開催の決定以降、外国人による日本の不動産購入が増加しています。弊社では外国人のお客様の不動産売買・賃貸の仲介をさせていただいておりますが、特に近年、海外のお客様による投資目的での日本の物件購入、非居住者が不動産を賃貸に出すケースが増えております。 ここで言う非居住者とは? 原則として日本国内に住所がなく、かつ現在まで引き続い…

続きを読む