外国人向け 防災関連情報

地震、台風、避難、災害対策等の英語案内

日本は近代的で治安の良さには定評があり、様々な救急サービスを完備していますが、いざという時のために 日ごろからすぐに対応できるようにしたいものです。 日本はまた、台風や地震、火山など、自然災害の影響 を受けやすい地理的状況があります。 事前の備えはもちろんですが、こうした災害に見舞われたときには、怪我や損害を防ぐことがなによりも重要 です。

このカテゴリーでは、救急サービスの連絡先リストや、起こり得る自然災害に関する情報や対策などをまとめてお り、外国人向けに英語の防災対策の情報にもリンクしております。 ぜひよくお読みになり、また必要なときにいつでもアクセスできるようにすることをお勧めします。

How to Prepare for a Typhoon in Japan

日本に上陸する台風について。台風の規模、風の強さ、気象庁の台風警報の種類に関す売る説明。台風発生時の注意事項・事前対策。

続きを読む

Useful Free Apps and Websites to Protect You from Natural Disasters in Japan​

自然災害(地震や台風など)が発生した場合、正確な情報を得て、その意味を理解することが重要です。 英語で提供されている役立つアプリとウェブサイトをご紹介。

続きを読む

Emergency Free Wi-Fi Service 00000JAPAN

災害時に解放される無料WiFi、00000JAPAN(Five Zero Japan)。その使い方、どこで使えるのか、また使用時の注意事項についてまとめました。

続きを読む

避難用バッグ、防災リュック

非常時持ち出し品準備のお薦め 地震、火災、津波、ライフラインの断絶等、非常時に備えてすぐに持ち出せる避難用バッグを準備しておく事をお薦めします。 突然自宅が使えなくなった場合、救助や炊き出しが来るまでの間、自分や家族のサバイバルに必要なものは何か? 玄関の近く等、すぐに持ち出せる場所に避難用バッグを用意しておきましょう。   リュックになっていると、両手を使…

続きを読む

日本の震度表示について

マグニチュードは、世界的に共通の尺度であり、地震そのものの大きさを示すものです。震度とは各地点での揺れの大きさを示すもので、それぞれの国ごとに定めた異なる階級が使われております。 日本では独自の震度階級が使われており、日本人が一般的に理解している震度については、他国の人々は理解できません。 日本に居住している外国人は、日本の震度についての理解が必要かと思われ…

続きを読む

東京都心の避難場所、避難所

東京都心の避難場所、避難所についてご案内します 大きな地震や火災等があった時、どこに避難するべきか?危険を回避するための避難場所や、自宅が使えなくなった時に宿泊できる避難所について、職場の同僚やご家族と予め話し合っておく事をお薦めします。 避難場所、避難所種類 一時(いっとき)避難場所災害時の危険を回避するために一時的に避難する場所、または帰宅困難者が公共…

続きを読む

Earthquake-proof your Home: A Simple Safety Checklist

外国人向け 室内の地震対策。 家具の転倒防止、固定方法、対策グッヅのご紹介。

続きを読む

Medical Emergencies in Tokyo: How to Communicate in Japanese

予期しない病気や怪我など、緊急事態が発生した場合に使える日本語をまとめたガイド。

続きを読む

Earthquake App Options: 6 Smart Choices for your Smartphone

2011年の東日本大震災の経験を経て、地震予知や震災後のコミュニケーションに活用可能なアプリが日本で誕生しました。ここでは、日本在住および滞在中の外国人向けに対応した6つのアプリを紹介します。

続きを読む

日本の建物の世代別、構造種類(免震・制震)による耐震性

日本では、過去に大きな地震が起こるたびに建築基準法が厳しく見直されてきました。 全ての建築物は耐震性が厳しく追及され、法律が定める耐震基準を厳格に守らなければ、認可が受けられない仕組みになっています。大きな地震に見舞われた際の日本の建物の倒壊率は、諸外国に比べ、極端に低いと言われております。 ここでは日本の建物の構造別の耐震性や、制震構造、免震構造、旧耐…

続きを読む
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2