2022年日本の不動産市況動向

Poste date: 2022年12月19日

国土交通省では毎月「不動産価格指数」を公表しています。その最新版(20221130日公表)を元に2022年の動きについてご説明致します。

「不動産価格指数」は、過去約30万件の不動産取引価格の情報をもとに算出されています。その情報源は、実際に不動産売買をおこなった人へのアンケート調査・登記移動情報・不動産鑑定士の現地調査となっています。

*公表されるデータはリアルタイムではなく、公表日と対象期間に3ヶ月程度のタイムラグがあります。(例 2022年11月30日公表されたデータは、2022年8月が対象期間)

1. 住宅・用途別不動産価格指数

データ出典:国土交通省


データ出典:国土交通省

住宅地の価格推移

基準年の2010年から横ばいの状態が続き、2020年の1月には一度基準値以下となりましたが、それ以降は上昇傾向となっており2022年も小幅な動きはありますが上昇傾向です。

地域別に対前月比(20227月分と8月分の比較)を見てみると、北海道、東北地方、北陸地方、中部地方、近畿地方は前月より下回っていますが、九州・沖縄地方は4%の上昇となっています。

戸建て住宅の価格推移

こちらも住宅地同様に、2010年からほぼ横ばいの状態が続きましたが、2020年から上昇に転じています。上昇率は住宅地より大きくなっています。

地域別に対前月比(20227月分と8月分の比較)を見てみると、北海道、近畿地方、九州・沖縄地方で前月より下回っていますが、北陸地方と四国地方は5%の上昇となっています。

マンションの価格推移

2013年から上昇し始め、2020年以降は著しく上昇しており、2010年から2022年で1.8倍以上上昇しています。ただし対前月比(20227月分と8月分の比較)で見てみると、全国値で若干数値が下がっており、地域別に見てみても北海道と中部以外は下落しています。しかしながら、あくまで月毎の集計ですので、マーケットの動向を判断するには来月以降のレポートも注視する必要があります。

商業用不動産・用途別不動産価格指数


データ出典:国土交通省

店舗・マンション及びアパート(一棟)・オフィスの価格推移

2012年以降、上下に変動はありますが全般的に上昇しています。2022年は、店舗は下降しており、オフィスとマンション・アパートは上昇傾向にあります。地域別の対前期比も全国値と同じ様な動きですが、南関東圏でオフィスが前期比12.5%増となっています。

倉庫の価格推移

2015年以降上昇し始め2018年に最高値になり、その後下落していますが2021年から再び上昇に転じ、2022年第2四半期には、2018年の数値とほほ同じまで上昇しそのまま上昇し続けています。

工場の価格推移

2021年の前半にかなり値を下げましたが、2021年末辺りから上昇に転じており、2022年も上昇し続けています。

商業地の価格推移

ほぼ横ばいの状態が続いておりますが、2020年以降少しずつ上昇しています。2022年は第1四半期から少し下がり始めています。南関東件では対前期比(2022年第1四半期と第2四半期の比較)-12.9%となっており、三大都市圏でも-5.1%となっています。

工業地の価格推移

2016年以降ほぼ横ばいの状態でしたが、2021年より上昇し始め2022年も上昇しています。対前期(2022年第1四半期と第2四半期の比較)では、南関東圏が4.8%と伸び率が一番大きくなっています。

2022年日本の不動産市況まとめ

表が示す通り、2022年住宅関連は小幅な動きはありますが上昇傾向でした。商業用不動産も、店舗・商業地を除き上昇傾向となっています。

不動産価格指数は毎月公表されますので、定期的に確認する事でマーケットの動向を知る事ができます。また指数の情報源ともなっている国土交通省の検索システム「土地総合情報システム」を使って、実際に行われた不動産の取引価格や地価公示、都道府県地価調査の価格を自分が知りたいエリアを指定して検索・閲覧する事が出来ます。ただし不動産取引を行った人へのアンケートをもとに作られた情報ですので、取引の少ない地域もあり、必ずしも正確なデータとなっているわけではありません。

【土地総合情報システム】

https://www.land.mlit.go.jp/webland/(日本語)
https://www.land.mlit.go.jp/webland_english/servlet/MainServlet(英語)

  • 2024年火災保険が値上げします!

    2024年10月に、火災や落雷などによる建物への損害を補償する保険「火災保険」が、全国平均で13.0%引き上げられることが、損害保険料率算出機構より発表されました。改訂の背景には、近年日本国内で台風やゲリラ豪雨などの自然災害が多発している為、保険金支払い額が増加している事や、建築資材や人件費の高騰により修理費が増額している事等があるそうです。
  • 賃貸住宅の鍵の取り扱いについて

    賃貸住宅の鍵を紛失した場合どうすればいいのか? ここでは、鍵を失くしてしまい探しても見つからない場合の対処方法、鍵を紛失した場合にかかる費用(シリンダー交換等)についてご案内させていただきます。
  • 住宅ローン付帯の保険 「団体信用生命保険(団信)」とは?

    団体信用生命保険(団信)は、住宅ローン返済中に契約者が死亡、または高度な障害を負ってしまった場合に、保険で住宅ローン残高をゼロにしもらう住宅ローン専用の保険です。がんや糖尿病などの生活習慣病までカバーする団信など、様々な特約やサービスが付加された団信が提供されています。
  • 賃貸物件の壁の穴と原状回復費用

    賃貸物件の壁に穴を開けてもいいのか、どのくらいの大きさから原状回復費を請求されるのか、気になる人も多いことでしょう。穴を開ける前の注意点や穴を開けずに壁を飾る方法についてご紹介。
  • 日本の不動産取引における仲介手数料について

    日本では多くの場合、不動産の売買や賃借をする際に不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料とは何の為の費用なのか、金額はどの様にして決められるのか等についてご説明致します。
  • 大雨・台風等の水害(水災)被害に備える保険

    近年、日本各地で台風や局地的な大雨により大規模な水害が発生しています。このような異常気象により住宅で水害被害が起こった時、住まいの保険でどこまで補償されるのでしょうか。この記事では、水害による建物や家財の損害を補償できる保険とリスクに応じた保険の選び方についてご説明いたします。

通勤や買い物に便利な人気の中目黒エリア。代官山も徒歩圏内、六本木や銀座には乗り換えなしでアクセスできます。ワンルームからメゾネットタイプまであるデザイナーズマンション。洗練された内装と充実の設備、駐車場も1住戸につき1台確保。

210,000 ~ 335,000円/月

東京都内の主要駅や羽田空港にアクセスしやすい、ビジネスにも観光にも便利な立地。周辺には、大型商業施設が多数あり、飲食や買い物に便利。東京タワーが建つ、緑豊かな芝公園や美しい日本庭園で有名な芝離宮も徒歩圏内。家具家電付き、入居中も英語によるサポートあり。

221,000円/月

東京都内の主要駅や羽田空港にアクセスしやすい、ビジネスにも観光にも便利な立地。周辺には、大型商業施設が多数あり、飲食や買い物に便利。東京タワーが建つ、緑豊かな芝公園や美しい日本庭園で有名な芝離宮も徒歩圏内。家具家電付き、入居中も英語によるサポートあり。

271,000円/月

日比谷線「築地駅」徒歩4分他、4駅4路線利用可能な好立地。人気の観光スポット「築地場外市場」や「銀座」も徒歩圏内。東京駅にもアクセスが良いため、ビジネスマンにもおすすめ。マンション周辺には、スーパーやコンビニ、飲食店があり、日々の生活に便利。家具・家電・インターネットサービス付き。

157,000円/月