賃貸物件でのペット飼育

Poste date: 2023年10月27日

日本の住宅では、所有者の意向、またはマンションの管理規約でペット飼育に関して制限が設けられております。 そのため家を探す際には、賃貸でも購入でも、ペットを飼う場合はペットOKの物件を選ぶ必要があります。 

ペット不可の賃貸住宅

賃貸住宅で契約書上に“ペット飼育不可”の条項がある場合、その契約に違反してペットを飼育していることが発覚した場合、その契約は解除され、違約金の支払いが生じる場合もあります。

ペット飼育OKの賃貸住宅

多くの賃貸住宅がペット飼育を許可しておりますが、「小型犬2匹まで」、「大型犬不可」、「猫不可」等、制限を設けている場合があります。ペット飼育の条件も事前に確認するようにしましょう。

大型犬OKの場合も、犬種や大きさによっては断られる場合もあります。一般的に、闘犬や猟犬に該当する攻撃性の高い犬種は貸主より断られる傾向にあります。

また、ハムスター等の小動物、鳥、爬虫類もペットの一種で、賃貸住宅では事前に飼育の許可が必要です。


一般的に、賃貸住宅でペットを飼育するためには、次に掲げるような条件に同意し、“ペット飼育に関する覚書”に記名押印することが求められます。

・近隣に迷惑をかけません。

・ペットによる損害が生じた場合、賠償する責任を負います。

・ペットの数を増やしません。

・退去時には、ペットによるダメージを全てもとの状態に復元(消毒・消臭も含む)させる義務を負い、その費用を全額負担します。

また、ペットを飼育する場合、上記覚書に加えて、敷金の割り増し等、賃貸借条件が変わってくる場合もあります。



ペットフレンドリー物件



賃貸物件の中には、ペットと快適に暮らすためにデザインされた物件もあります。


例)

・ペットのための動線が敷地や共用部分に用意されている
・マンションの一角にペットの足洗い場が設けられている


また、大型犬OKのマンションや庭付の一戸建物件もあります。

プラザホームズでは、外国人向けにペットフレンドリーの物件をこちらのページにてご紹介しております。

Pet Friendly Rental Apartments & Houses in Tokyo

 

  • 非居住者(海外居住者)の不動産賃貸料の源泉徴収税

    外国人の投資家や海外転勤で日本に居住していない不動産オーナーが日本の不動産を賃貸に出す時。 賃借人が法人である場合は、賃借人が賃料の20.42%を源泉徴収税として税務署に納付、賃貸人は納付後の残額を毎月の賃料として受け取る事になります。
  • 住居物件の賃貸方法 長期 vs 短期 vs 民泊 

    投資用不動産の賃貸の方法(賃貸の種類別運用方法)についてご案内いたします。通常の長期賃貸とウィークリーマンション、マンスリーマンションと呼ばれる短期賃貸、民泊のそれぞれの賃貸方法の特徴と、メリット・デメリットを解説致します。
  • 夫婦で借りる住宅ローン - ペアローン -

    夫婦共働きの世帯が増えていることから、住宅ローンを夫婦で借りるケースが増えています。ペアローン、収入合算して住宅ローンを組む方法のメリット・デメリット、返済義務、団体信用生命保険の加入、住宅ローン控除、所有権の持分等についてご説明します。
  • 家財保険・火災保険の説明、 外国人向 英語対応の保険会社(代理店)

    住宅を借りる方と住宅を所有している方、とくに日本在住の外国人の方々の住宅に関わる火災保険、地震保険について、英語対応の保険会社(代理店)のご案内も含めてご紹介しております。
  • 民法改正 賃貸借契約の連帯保証人について

    2020年4月1日の民法改定では、保証人の保護が強化されています。改正点のうち、不動産取引、主に賃貸借契約における連帯保証人の保証債務や保証の範囲、情報提供義務に関連する項目についてご説明致します。
  • 賃貸住宅管理業法(賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律)とはどんな法律?

    賃貸住宅の管理業務の適正化を図るための法律、「賃貸住宅管理業法」とはどんな法律なのか?法の対象になる管理会社、法によって義務付けられている管理会社の業務等について、詳しくご説明致します。