首都圏の中古マンション価格動向(2023年)

Poste date: 2024年5月8日

東京及び都心に通勤可能な首都圏(埼玉・千葉・神奈川)の、2023年における中古マンション市場の動向についてまとめました。

首都圏の中古マンションの動向

成約件数

成約件数は35,987件(前年比1.6%増)と2年ぶりに前年を上回りました。

価格動向

成約物件価格の平均額は4,575万円(前年比7.0%上昇)でした。昨年度は、前年比10.5%の上昇でしたので、上昇率は下がりましたが、11年連続で上昇しています。

1㎡当たり単価は、首都圏平均で71.90万円(前年比6.9%上昇)となりました。こちらも昨年度の前年比12.4%上昇には及びませんでしたが、11年連続の上昇となりました。この11年で88.3%も上昇しています。

 

 

平均専有面積 

平均専有面積は63.63㎡(前年比0.06%拡大)とわずかではありますが、3年ぶりに拡大しました。

 

平均築年数

平均築年数は29.41年(前年28.16年)とさらに経年化が進んでいます。

データ: 公益財団法人東日本不動産流通機構(通称レインズ)

首都圏のマンション価格上昇の要因 

首都圏のマンション価格は上昇し続けています。上昇が継続している要因として以下の様な理由が考えられます。

日本の低金利が続いている事

金利が低いと住宅ローンの金利も低くなる為、購入希望者が増加しています。

建設コストの増加

世界的なインフレや紛争等により、建設資材が高騰しています。また人手不足により、人件費もが増加傾向にあります。

海外からの投資、外国人の購入希望者の増加

2022年に大幅な円安になったこともあり、外貨で日本の不動産を購入する人が増加しています。円安傾向に加えて他の先進国の不動産価格と比較して東京の不動産が割安な事も要因の一つとなっています。

高収入の世帯の増加

若い世代に世帯年収が1,000万円を超え、高額な不動産を購入する事が可能なパワーカップルと呼ばれる世帯が増加しています。若い世代以外の、富裕層による購入も増加しています。

新築マンションの供給減少

新築物件の供給数が減少し続けている事が、中古マンションの市場価値の上昇にも影響を及ぼしています。

地価の上昇

地価の上昇分がマンションの資産価値を引き上げる事になり、マンション価格が上昇しています。

>> 東京の公示地価 - 東京は住宅地・商業地とも3年連続の上昇

テレワークの普及による、ライフスタイルの変化

在宅勤務が増えた為、仕事部屋として使えるスペースがある住戸、コワーキングスペース付きのマンションを求める人が増加しています。

>> コワーキングスペース付きの賃貸マンション

まとめ

2023年の首都圏の中古マンションの市場動向は、成約件数は微増、価格は11年連続の上昇という結果になりました。東京23区の新築マンションの平均価格が1億円を超えた事や、その他の様々な社会情勢の影響を受けて、中古マンションの価格は、2024年以降も上昇が続くのではないかと予想されます。

 

  • 日本の不動産取引における仲介手数料について

    日本では多くの場合、不動産の売買や賃借をする際に不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料とは何の為の費用なのか、金額はどの様にして決められるのか等についてご説明致します。
  • 坪・平米・㎡・畳・帖? -日本の不動産で広さを表す時に使う単位について

    日本の不動産で広さを表す際に使われる、坪・㎡・平米・畳・帖の違い、他の単位への換算方法、不動産選びをする際の注意点についてご説明致します。
  • 最高級の居住空間 ホテルブランデッドレジデンスとは?

    日本ではまだあまり馴染みがありませんが、世界中の主要都市やリゾート地にはすでに多数存在する超富裕層向けのラグジュアリー住居「ホテルブランデッドレジデンス」についてご説明致します。 ホテルを「泊まる」場所から「居住する」場所へと意識変革させ、また世界中の投資家から有益な投資機会とし注目されている不動産物件です。
  • 住宅ローン付帯の保険 「団体信用生命保険(団信)」とは?

    団体信用生命保険(団信)は、住宅ローン返済中に契約者が死亡、または高度な障害を負ってしまった場合に、保険で住宅ローン残高をゼロにしもらう住宅ローン専用の保険です。がんや糖尿病などの生活習慣病までカバーする団信など、様々な特約やサービスが付加された団信が提供されています。
  • 2024年公示地価―東京は住宅地・商業地とも3年連続の上昇

    国土交通省が3月26日に発表した2024年1月1日時点の公示地価は、全国平均(全用途)が前年比2.3%上昇。上昇は3年連続となり、上昇率もバブル期以来33年ぶりの高さとなった。用途別では、商業地が3.1%の上昇(23年は1.8%の上昇)、住宅地も2.0%の上昇(23年は1.4%)となった。
  • 住居物件の賃貸方法 長期 vs 短期 vs 民泊 

    投資用不動産の賃貸の方法(賃貸の種類別運用方法)についてご案内いたします。通常の長期賃貸とウィークリーマンション、マンスリーマンションと呼ばれる短期賃貸、民泊のそれぞれの賃貸方法の特徴と、メリット・デメリットを解説致します。

大使館が建ち並ぶ代々木5丁目の高台に佇むヴィンテージマンション。お屋敷街に相応しいゆったりとした敷地に広い中庭や豊かな植栽が配され、外観は立派な石垣に重厚なレンガ張り、現在も古びれず普遍的な造形美を保っています。総戸数21戸、全戸リビング部分は緑豊富な中庭に面しており都会のオアシスです。シャッター付平置き駐車場、オートロック仕様と設備面も充実。

1,000,000円/月

ホテルスタンダードのコンシェルジェサービス、豪華エントランス、モダンでリラックスできるゲストルームを利用可能。緑に囲まれた環境、東京の景色を一望。制震構造。

298,000円/月

中目黒駅徒歩2分、代官山、渋谷も徒歩圏内と、通勤・通学、日々の買い物や休日の外出に大変便利なロケーション。総戸数125戸のデザイナーズマンション。様々なライフスタイルにお勧めの、1Rから3LDKのプラン。コンシェルジュ、ジム等の共用設備、浴室乾燥機等の室内設備が共に充実。

202,000 ~ 820,000円/月

東京湾と広大な浜離宮恩賜庭園を見下ろすホテルライクなタワーマンション。羽田空港までアクセス至便。フィットネスジムやラウンジ等の施設も充実。

278,000 ~ 620,000円/月