2024年火災保険が値上げします!

Poste date: 2024年4月30日

2024年10月に、火災や落雷などによる建物への損害を補償する保険「火災保険」が、全国平均で13.0%引き上げられることが、損害保険料率算出機構より発表されました。

改訂の背景には、近年日本国内で台風やゲリラ豪雨などの自然災害が多発している為、保険金支払い額が増加している事や、建築資材や人件費の高騰により修理費が増額している事等があるそうです。

尚、引き上げ幅は、地域や築年数、建物の構造等によって異なります。その為、30%以上値上げされる地域、値上がりではなく逆に引き下げられる地域がある等、様々なケースがでてくるようです。

また、水害に備える為に、火災保険に付帯させることが望ましいとされている「水災補償」の料率が、地域の水災リスクに応じて5区分に細分化されることも合わせて発表されました。水災リスクの違いにより保険料率を変える事で、契約者間の保険料負担を公平化する事が主な目的です。

 関連記事:大雨・台風等の水害(水災)被害に備える保険

  • 2024年区分所有法改正予定 - 何が変わるのか?

    日本で社会問題となっている老朽化マンションの建替えがなかなか進まないのは、区分所有法の厳しさが一因とされています。そこで老朽化問題の解決を促すべく、区分所有法改定が2024年中に行なわれる事になっています。
  • 英語対応可能な建築家、建築事務所

    英語対応可能な建築家、建築設計事務所。日本で土地を購入して家を建てたい、古い家を建て替えたい、中古マンションをリフォームしたいという外国人向け。
  • 民法改正 賃貸借契約の連帯保証人について

    2020年4月1日の民法改定では、保証人の保護が強化されています。改正点のうち、不動産取引、主に賃貸借契約における連帯保証人の保証債務や保証の範囲、情報提供義務に関連する項目についてご説明致します。
  • 大雨・台風等の水害(水災)被害に備える保険

    近年、日本各地で台風や局地的な大雨により大規模な水害が発生しています。このような異常気象により住宅で水害被害が起こった時、住まいの保険でどこまで補償されるのでしょうか。この記事では、水害による建物や家財の損害を補償できる保険とリスクに応じた保険の選び方についてご説明いたします。
  • 住宅のリフォームローン

    近年住宅の購入にあたり中古物件を購入してリフォームをする方が増えています。中古物件を購入してリフォームをする場合のプロセスや資金計画の立て方、ローンの利用方法についてご案内します。
  • 家財保険・火災保険の説明、 外国人向 英語対応の保険会社(代理店)

    住宅を借りる方と住宅を所有している方、とくに日本在住の外国人の方々の住宅に関わる火災保険、地震保険について、英語対応の保険会社(代理店)のご案内も含めてご紹介しております。
Exterior of THE KITA
Sale Property tag

ザ・キタは、国立競技場やパークコート赤坂檜町タワーをはじめ、数々の著名な建築物を手掛けている隈研吾氏が設計しカナダのデベロッパーであるウェストバンクが分譲し、2020年7月に竣工した地下2階付地上5階建、総戸数12戸の唯一無二の富裕層向けのコンドミニアムです。 原宿の喧噪から離れ落ち着いた場所に位置し、建物は自然や街並みと調和し、メタルのルーバーで構成されたファザードはモダンかつ和を感じされる表情になっています。 コンシェルジュは、トリリンガル(日・英・中)対応で国際色豊かなオーナーへ細やかなサービスを提供しています。 平置き駐車場、トランクルームは総戸数分備わっています。 ペットの飼育は2匹まで可能です。(サイズ制限あり)

78,000万円