賃貸物件の壁の穴と原状回復費用

Poste date: 2024年5月8日

賃貸している家の壁にポスターを貼ったり、カレンダーや掛け時計を飾ったり、棚を設置したりしたい人は多いのではないでしょうか。賃貸物件の場合、壁に穴を開けて良いのか、また、どのくらいの大きさまでなら許可されているのか、気になるものです。壁の穴は、大きさによって原状回復費を請求されることがあります。この記事では、壁に穴を開ける前の注意点や賃貸マンションの壁を上手に使う方法などについて解説します。

画鋲サイズの穴

ポスターやカレンダーなどは日常的に使われるものであり、そのために使用される画鋲やピンなどの穴は「通常の使用により生ずる損耗」とみなされます。国土交通省の定めるガイドラインでは、画鋲やピンなどの穴の修理費用は、賃貸人(大家)が負担することになっています。ただし「賃貸借契約書」に壁の使用方法に関して細かく明記されている場合がありますので、穴を開ける前に確認することをおすすめします。

釘やネジの穴、またはそれ以上の大きさの穴

釘やネジ、あるいはそれ以上の大きさの穴は、通常の使用による損耗を超えており、賃借人が修繕費用を負担することになります。穴が壁の奥まで達している場合には、修繕費がさらに高くなることもあります。故意に開けた穴でなければ火災保険が適用される場合もありますので、契約時に加入している保険内容を確認しましょう。

壁に穴を開けずに部屋を飾る方法

マジカルピンフック壁につけるマグネットの2つは非常に便利です。そのほか、コルクボード、 ポールを使用して壁を飾る方法や、壁をもう1枚作る方法もあります。新しく追加した壁なら塗り替えや飾り付けも思い通りに行うことができます。

マジカルピンフック

抜いた後も刺し跡がほとんど残らない素晴らしいフック。4キロから8キロまで支えることができます。画鋲感覚で簡単に取り付けられるフックです。

 

壁につけるマグネット

簡単3ステップで壁にマグネットをつけることができます。ベースシートを専用ホッチキスで石こうボードの壁に取り付けたら、スチール板をベースシートに貼り付けて補助板完成!マグネットを補助板にピタッとつければ「壁につけるマグネット」が完成!あとは好きなものを挟んだり飾ったりしてお楽しみください。ホッチキスの芯の後もほとんど残らない優れものです。

 

 

mt CASA & mt Deco Brick Sets

mtのマスキングテープ(mt CASA)mt Deco Brick Setは、壁にペンキを塗らずに部屋の模様替えができる便利なグッズです。画像をクリックして詳細をご覧ください。

DRAW A LINE

DRAW A LINEは、突っ張り棒を使ったシステム。壁に穴をあけることなくデコレーションを楽しむことができます。縦型、横型、ブックスタンドなど様々なタイプがあり、好みに合わせて選択可能です。こちらも画像をクリックして詳細をご覧ください。

 

 

  • 大雨・台風等の水害(水災)被害に備える保険

    近年、日本各地で台風や局地的な大雨により大規模な水害が発生しています。このような異常気象により住宅で水害被害が起こった時、住まいの保険でどこまで補償されるのでしょうか。この記事では、水害による建物や家財の損害を補償できる保険とリスクに応じた保険の選び方についてご説明いたします。
  • 外国人対応の賃貸保証会社(家賃保証会社)について

    多くの賃貸借契約では、万が一賃借人が家賃を支払えなくなった場合等に賃借人に代わって支払い義務が生じる、連帯保証人もしくは保証会社を賃貸借契約締結時に立てる必要があります。ここでは一般的な保証会社による賃貸借契約の連帯保証と、借主が外国人の個人契約の場合の英語(外国語)対応の保証会社について解説させていただきます。
  • 相続した土地を手放したい!-相続土地国庫帰属制度について-

    自己使用の予定がない、賃貸や売却が困難等の理由により、相続したくない日本国内の土地を国家に帰属させる制度「相続土地国庫帰属制度」について、詳しくご説明致します。
  • 夫婦で借りる住宅ローン - ペアローン -

    夫婦共働きの世帯が増えていることから、住宅ローンを夫婦で借りるケースが増えています。ペアローン、収入合算して住宅ローンを組む方法のメリット・デメリット、返済義務、団体信用生命保険の加入、住宅ローン控除、所有権の持分等についてご説明します。
  • 首都圏の中古マンション価格動向(2023年)

    東京及び都心に通勤可能な首都圏の中古マンションの、2023年度における売買件数や成約価格等についてご報告致します。また、長期にわたって続いているマンション価格の上昇の要因についてもご説明致します。
  • 英語対応可能な建築家、建築事務所

    英語対応可能な建築家、建築設計事務所。日本で土地を購入して家を建てたい、古い家を建て替えたい、中古マンションをリフォームしたいという外国人向け。