不動産関連情報

日本の不動産の賃貸・売買・保有に関するお役立ち情報

東京の地価の動向、再開発情報、不動産に関わる税金、不動産用語などを日本語・英語でわかりやすく解説して おります。特に日本で不動産を所有する外国人(非居住者)や、これから日本で不動産を賃貸・売買する外国人 の方に役立つ様々なコンテンツを発信しております。

ホーマットシリーズのマンション

ホーマットシリーズのマンションは、都心に住む外資系企業のエグゼクティブや外交官の邸宅として興和不動産により建設されたマンションです。 東京都心の広尾、麻布、赤坂、六本木を中心の外国人居住エリアを中心に、1965年より数多くのマンションが誕生しました。 どのホーマットマンションもアクセスの良い好立地に位置し、静かな高級住宅地に悠然と佇んでいます。 和洋折衷の…

続きを読む

賃貸住宅の鍵の取り扱いについて

賃貸住宅の鍵を紛失した場合どうすればいいのか? ここでは、鍵を失くしてしまい探しても見つからない場合の対処方法、鍵を紛失した場合にかかる費用等についてご案内させていただきます。外国人向、英語の案内はこちら What to do in Japan if you lose your keys, and how much you might have to end…

続きを読む

固定資産税 ・ 都市計画税の概要、外国人の納税について

物件を保有している際にかかる税金に、固定資産税と都市計画税があります。 個人、法人を問わず、毎年1月1日時点の不動産の所有者に課税されるもので、納税通知書が送付されます。それぞれどのような税金でどのくらいかかるのか概要を解説します。 また、ここでは外国人など、海外居住者の固定資産税、都市計画税の納税についてもご案内させていただきます。 固定資産税とは? 土…

続きを読む

日本の宅地建物取引士について

日本の不動産会社には、宅地建物取引士という国家資格を持った専門家が5人に1人以上の割合で在籍しています。宅地建物取引士は幅広い知識を持ち、安全に取引を行うために契約時に必ず立ち会うことになっています。ここでは、宅地建物取引士の業務、試験、外国人の受験、日本と諸外国との不動産取引に関する資格の違いなどをご案内します。 宅地建物取引業法 日本では、不動産の売買…

続きを読む

外国人駐在員の賃貸住宅 - Expat Housing in Tokyo

外国人が東京に赴任し、家が決まって落ち着くまでには大変な労力を要します。 物件の選定、視察から引越し手配、各種登録、変更手続き、お子様がいる場合等は学校の手続き等、やるべき事が多数あり、時間もかかります。 1年以上の赴任・長期滞在の場合は、賃貸物件を探す事になりますが、理想的な家に契約するためには、外国人駐在員のライフスタイルを理解し、且つ多数の物件の仲介実…

続きを読む

バスルームの数を明記した欧米式の間取り表記 - 2バスルーム等

弊社では欧米の間取り表記に習い、賃貸物件の間取り表記にバスルーム数を加えて表示しております。 欧米の3ベッドルーム以上の住宅では、バスルームが2つ以上ついている物件が一般的です。 ここで言うバスルームとは、お風呂(またはシャワー)と洗面台、トイレがセットになったものです。 日本ではユニットバス以外はバス・トイレが別になっていますが、欧米では3つが同じ空間にあ…

続きを読む

香港在住のお客様向け 提携不動産担保ローンのご案内

プラザホームズ株式会社と新生インベストメント&ファイナンス株式会社の提携による香港在住の海外投資家向け不動産担保ローンをご案内いたします。 香港在住の個人のお客様が、東京で投資用やセカンドハウスなどの住居用に不動産を購入する際に利用できる不動産担保ローンです。 プラザホームズ株式会社による仲介で、東京都23区内、大阪周辺・名古屋市の中心部(神奈川県、埼玉県…

続きを読む

老朽化マンションの建て替え - 建て替え事例、諸問題

国土交通省の資料によると2018年には築40年以上のマンションが全国で73万戸にものぼると推計されていますが、実際に全国で建替えられたマンションは2013年時点で183件しかありません。建替えを含めた老朽化したマンションの再生はいまや社会的な課題となっています。 ここでは建替えのプロセスに関する諸問題や、実際に建替えができた建物の事例、敷地の売却等に関して、…

続きを読む

老朽化マンションの建て替え - 建て替え理由、計画、決議

1960年代以降日本で広く普及したマンションですが、現在そのほとんどが建替えられず残っています。日本のマンションの寿命については様々なデータや見解があり一概に何年とは言えませんが、マンションの耐震性不足、コンクリートの劣化、設備、配線の老朽化などの問題を抱え、建替えるべき時期を迎えているにも関わらず、建替えされていないマンションが多いのも事実です。ここでは老…

続きを読む

マンションの長期修繕計画(大規模修繕、修繕積立金)

マンションの性能を維持し快適に住み続けられるようにするためには、建物の維持管理が重要です。日常的なメンテナンスはもちろんのこと、建物の経年劣化に対して適時適切な修繕工事を行うことでマンションの価値は大きく変わります。 ここではマンションの長期修繕計画と大規模修繕、修繕積立金についてご紹介いたします。 分譲マンションは区分所有者が所有する専有部分と共用部分に…

続きを読む