不動産関連情報

日本の不動産の賃貸・売買・保有に関するお役立ち情報

東京の地価の動向、再開発情報、不動産に関わる税金、不動産用語などを日本語・英語でわかりやすく解説して おります。特に日本で不動産を所有する外国人(非居住者)や、これから日本で不動産を賃貸・売買する外国人 の方に役立つ様々なコンテンツを発信しております。

中古マンション購入時の注意点

国土交通省によると、日本におけるマンションストック総数は約590万戸(2012年末時点)あり、2018年には築40年以上のマンションが73万戸にものぼると推計されています。 日本の不動産売買物件市場の多くを占める中古マンションですが、価値の高いマンションを選ぶためには、購入を決める前のチェックポイントやどんな点に注意すれば良いかをまとめました。 耐震性 -…

続きを読む

日本のマンションの寿命は? 何年くらい住めるのか?

中古マンションの購入を検討するにあたり、このマンションはあとどれくらい住めるのか?気にされる方は多いと思います。 築古のマンションは、物件価格が安く、立地が良いものであれば、投資目的としても魅力的ですし、築40年以上のフルリノベーションされた見た目にも綺麗な物件は、現在多く市場に出回っています。外国では築100年を超えるヴィンテージマンションが数多く現存して…

続きを読む

住宅情報誌「SUUMO新築マンション」 取材掲載 - 外国人の不動産購入

株式会社リクルート住まいカンパニーが発行している住宅情報誌「SUUMO新築マンション」の2017年12月19日発行号の特集記事「国際ファミリーのマンション購入実例」にて、弊社 売買営業課 課長 久保健士 が取材協力させていただきました。 在留外国人数の増加とともに国際カップルやファミリーが日本でマンションを購入するケースが増えているということで、外国人の不…

続きを読む

外国人(非居住者)が日本国内の不動産を売却する場合の税金

非居住者または外国法人が日本国内に所有する不動産を売却する場合、所得税の申告漏れを防ぐために、その不動産を購入し代金を支払う者が、所得税の源泉徴収相当額を税務署に支払う義務があります。 つまり、日本に居住していない外国人(非居住者)が日本の不動産を売却する際、源泉徴収分があるため購入者から100%の売買代金を受け取ることができない場合があるので注意が必要です…

続きを読む

2017年東京都内基準地価 - 5年連続上昇 再開発・オフィス建設が活発、商業地で上げ幅拡大

9月19日、国土交通省は全国基準地価を発表、同日に東京都は都内の基準地価を発表した。 *基準地価(後に詳細説明)とは、7月1日時点の基準地点ごとに調査された、1平方メートルあたりの土地の価格のこと。 全用途平均で前年比3.0%の上昇は5年連続の上昇で、プラス幅も0.5ポイント拡大した。商業地が4.9%の上昇と、銀座や八重洲など周辺での大型の再開発があった地点…

続きを読む

2017年東京都内路線価4年連続上昇

国税庁が7月1日に発表した2017年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比0.4%のプラスとなり、2年連続の上昇で、上げ幅も0.2ポイント拡大しました。 東京、大阪、愛知を含む13都道府県で上昇、投資需要が地方の中心都市にも波及し、北海道、宮城、広島、福岡など10都道府県で上げ幅が広がりました。 東京都内の路線価は前年比で平均3.2%(前年2.9%)…

続きを読む

土地の価格について - 地価の種類

日本の土地の価格は、評価の目的や調査主体により6種類あります。 なぜ、こんなにややこしい価格体系になっているかといいますと、土地の価格は土地の状態、使う目的、誰が欲しがっているか、といった要因が複雑に絡み合って決定されて行くものだからです。 それら目的別の評価と、それぞれの目的別の指標として以下のような価格の種類が存在します。 地価の種類 調査主体 …

続きを読む

外国人向不動産会社ランキング - 売買仲介部門

プラザホームズ株式会社は、日本最大級の外国人向け不動産ポータルサイト realestate.co.jp の外国人ユーザーからの評価による外国人向け不動産会社ランキング売買部門で2017年3月度2位の評価をいただきました。 Real Estate Japanが運営する日本最大級の外国人向け不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を通じて売買物…

続きを読む

建蔽率・容積率とは

敷地に建てられる建物の種類は用途地域によって制限されていますが、建物の大きさの限度は、その土地の建蔽率と容積率で規定されています。 その土地にどのような規模の建物が建築可能かは、建蔽率や容積率によって左右されますし、不動産価格にも影響します。 建蔽率や容積率は不動産会社の物件資料に記載されていますので、不動産の購入を検討する際、事前に理解しておくことをお薦…

続きを読む

都市計画法に基づく用途地域

用途地域とは都市計画法によって定められた地域ごとの立地規制、用途規制を定めたものです。 これにより、工場や、商業施設、住宅等、様々な用途の建築物が無秩序に混在することを防ぎ、それぞれの環境にあった効率的な配置が実現されています。 用途地域によって、その土地の環境や建てられるものが違ってきますので、これから不動産を購入、または建物を新築しようとする人は用途地域…

続きを読む